割引情報付き!シンガポールでコンタクトレンズを安く購入する方法

 

「シンガポールでコンタクトを安く買いたい」

「日本で使用していた同じメーカーを買いたい」

「英語が苦手だからきちんと買えるか心配」

 

こんにちは。

シンガポール在住、スーツケース1個で生きるライトネシスト です。

 

今回はシンガポールのコンタクトについてオススメ情報をまとめます。

目が悪い人が多い日本。

海外生活でたくさんの人が困っているのが、コンタクト問題ではないでしょうか?

 

シンガポールは物価が高く、コンタクトも例外ではなく割高ですので国境を超えてお隣のマレーシア・ジョホールバルまで買いにいる少なくないようです。

≫ジョホーバルは本当に安い?徹底比較はこちら

関連記事

 「ジョホールバルは安いって聞くけど実際どれくらい安いの?」「ジョホールバルは実際行く価値はあるの?」「具体的にシンガポールとの比較をしてほしい」そんな疑問に答える記事です。 「シンガポー[…]

 

先に言いますが、今回ご紹介するのは安く買えるとはいえ、マレーシアで買うほど安くはありません。

しかし、購入方法はとても簡単ですし、わざわざ自分に合うメーカーや度数を探す手間を考えるとかなりオススメです。

最後に割引情報も貼っておきますのでぜひ利用してみてください!

 

 

SPONSORED LINK

【シンガポール】格安コンタクト購入なら『contactsdaily』

 

先にお伝えすると、シンガポールで安く簡単にコンタクトを購入できるのは『contactsdaily(コンタクツデイリー)』です。

早速どんな点がオススメかご紹介します。

contactsdailyはサイトはこちら

 

コンタクトがなんと言っても安い

まずは何と言っても、誰もが気にする価格面です。

 

日本でも利用者の多いアキュビューの2 weeksタイプが一箱40ドル以下(約2,400円)で購入できます(2020年7月現在)。

この金額は日本と同じかむしろ安いくらいではないでしょうか?

 

しかもまとめ買いをするとどんどんお得に購入する事ができます。

店頭での購入ですと、どのお店もボクが知る範囲では50ドル以上はしているので、この金額はかなり割安だと言えるはずです。

『価格の安さ』がまずは第一のオススメポイントです。

 

日本でもメジャーなメーカーのコンタクトが手に入る

ボクは昔からアキュビューの愛用者なのですが、海外でコンタクトを買おうとすると結構言われるのが「アキュビューはないよ」という言葉です。

日本ではかなり一般的なメーカーだと思いますが、この言葉を聞いたのは1回や2回ではありません。

 

2つ目のオススメポイントは『扱っているブランドの数』です。

『contactsdaily』では先ほどもお伝えした通り、きちんとアキュビューを扱っています。

 

さらに!

 

こちらを見ていただくとわかる通り、取り扱いブランドを見てみるとなんと画面をはみ出してしまうほどの数です笑

(コンタクト用品も含む)

これだけあればあなたが使っているコンタクトも必ず見つかるのではないでしょうか。

 

コンタクトの在庫切れに振り回される心配がない

海外でコンタクトを探している時「やっと使っているメーカーが見つかった!」と思っても、さらにボクたちを困らせるのは「その度数は在庫がないよ」という返事です。

本当イヤになります笑

ボクは英語での電話がまだまだ苦手なので、取り寄せして入荷したら連絡してものもちょっと気が引けるのです。

 

その点『contactsdaily』なら在庫状況は一眼でわかるので、そういったトラブルで振り回される心配はありません。

『在庫の確認が簡単にできる』というのが3つ目のオススメポイントです。

 

 

SPONSORED LINK

【シンガポール】コンタクトのかんたん購入方法

では実際にコンタクトの購入方法をご紹介していきます。

「英語苦手だし海外のオンラインはよくわからない」なんて人にも簡単に理解できる様に画像付きでご紹介します!

※今回は1dayアキュビュー購入を例に進めていきます。

 

コンタクト購入方法①:現在使っている物を確認する

まずは購入に進む前に今使っているコンタクトの詳細を確認しましょう。

確認すべきポイントは3つです。

 

  1. 銘柄
  2. 度数(D)
  3. カーブの大きさ(BC)

 

①は当たり前ですね笑

②のDは度数を表していて、目が悪い人ほどこのマイナスの数値が増えていきます。

③のBCはコンタクトのカーブの大きさを表していて、眼球が大きい人ほどこの数字が大きくなってカーブが緩やかになります。

 

まずは自分のコンタクトの箱かケースを見て、自分がどの数値のコンタクトを使用しているか把握しましょう。

(②と③が分かっていれば他のメーカーのコンタクトを買うことも出来るのです)

 

コンタクト購入方法②:contactsdailyで注文する

購入するコンタクトを確認したらさっそく『contactsdaily』のサイトへ飛びましょう(サイトはこちら

 

購入したいコンタクトを探す

サイトに飛んだら自分の買いたいコンタクトを検索します。

[BRANDS]でしたら使用しているブランドで検索する事ができますし、[LENS TYPES]なら1 dayか2 weeksかなどコンタクトの種類で探す事ができます。

今回はブランドからアキュビューで進めます。

 

購入したいコンタクトの種類を選ぶ

「よし、見つけた!」と思っても待ってください。

コンタクトの種類を選ぶ必要があります。

 

『FOR ASTIGMATISM』というのは乱視用です。

乱視じゃないそれ以外の方は『FOR MYOPIA & HYPERORIA(近視&遠視)』という方を選んでください。

間違えない様にどちらかを確認したら、購入したいコンタクトの画像をクリックします。

 

調べた数値と購入したい数を指定する

商品の詳細ページに入ったら下記の項目を入力します。

  1. Power:先ほど調べた度数(D)
  2. Base Curve:先ほど調べたカーブの大きさ(BC)
  3. Boxes:購入したい箱数

※Base Curveは全く同じ数値がなければ持っている物に近い数値でOKです。

在庫があれば『✔︎In stock』が表示されるので[ADD TO CART]へ進みます。

 

ポップアップでカートの中身が表示されるので、購入するコンタクトの内容を最終確認して「CHECKOUT」をクリック。

 

配送先と支払い方法を入力

注文にあたり、下記の情報を入力していきます。

  • Fierst Name(名前)& Last Name(苗字)
  • Country:Singapore
  • Street address:住所と部屋番号
  • Town / City:SingaporeでOK
  • Postcode / ZIP:郵便番号
  • Phone:電話番号
  • Email address:メールアドレス

 

『Do you have a valid contact lens prescription?』は「処方箋は持ってますか?」と聞かれているのですが、ここにチェック。

支払い方法はクレジットかPauPalどちらかを選んでください。

『I’ve read and accept the terms & conditions』は利用規約に同意します的なヤツなので、こちらにもチェックをしたら[PLACE OEDER]をクリック。

 

記入したメールアドレスにこのようなメールが届いたら注文は完了です。

 

コンタクト購入方法③:配送を待って受け取る

あとは自宅に配送されるのを待つだけです。

ボクは注文から5日で届きました

シンガポールでは配送の予定や「注文の商品は今日配送されます」などの情報はショートメールで届くので、入力する電話番号は間違えがないようにしましょう。

 

ちなみにシンガポールでは配達時に不在でも再配送をしてはくれない事がほとんどの様です。

街中のいろんな場所にあるロッカーで受け取る場合は、下記の記事で具体的な方法が見れます。

 

≫再配達してくれない?シンガポールで不在時の荷物の受け取り方法

関連記事

 「日本から荷物を送ったのはいいけど、シンガポールでの受け取り方は?」「配達時に家にいなかったらどうなるの?」「不在伝票は来てたけどどうすればいいの?」シンガポールで生活する方のそんな疑問に答えます。&[…]

 

 

【シンガポール】格安コンタクト購入方法まとめと割引情報

 

以上、シンガポールでコンタクトをお得に購入する方法のご紹介でした。

 

さらに!

 

今回はこの記事を見ていただいた方のために割引クーポンを貼っておきます。

85ドル以上の注文で使用できるのでよかったら使ってください。

※有効期限について何も買いていなかったので、もし使えなかった際はご連絡いただけると幸いです。

 

・割引クーポンコード『REFZZW8S2ZNCM

・サイトリンクはこちら

 

海外でオンライン注文すると心配なのが「きちんと届くのだろうか」という点だと思いますが、今までそのようなトラブルにあったことはないですし、届く日はショートメールが来たりチャイムに気付かなかった時も電話をくれたりするので安心してオンライン注文に挑戦してみましょう。

これが慣れたら店頭で高く買う気は起きなくなりますし、街まで買いに行って在庫確認をしたりする手間が省けるのでぜひ利用してみてください。

 

 

人気記事 シンガポールのSIMは3種類。長期滞在はポストペイドがおすすめ

人気記事 【保存版】シンガポールで大きいダイソーランキング&知っ得マメ知識

人気記事 【シンガポール必須ez-Linkの全て】買い方・有効期限・子供は?

SPONSORED LINK
Twitterはこちら