ピンクモスクとブルーモスクを1日で移動するおすすめルート!

 

「1日でピンクモスクとブルーモスクを両方周りたい」

「時間と費用のコスパがいいおすすめの方法は?」

「具体的な金額の差を比べてみたい」

 

こんにちは。

スーツケース1個で生きるライトネシスト(@lope_lightness)です。

 

マレーシアの首都クアラルンプールには、観光名所として有名な二つのモスクがあります。

ブルーモスクピンクモスク

どちらもフォトジェニックでインスタ映えするとの事で人気のスポットです。

今日はそのクアラルンプール2大モスクを1日で回りたいという欲張りさんにピッタリの記事です。

 

「ふたつのモスクはどうやって移動するのがオススメですか?」

これは意外とたくさん聞かれる質問なんですよね。

 

任せてください。

元クアラルンプール在住のボクがどの方法がコスパがいいのかご紹介いたします。

 

・ブルーモスク&ピンクモスク間は結局タクシーがコスパ最強!

・2人以上なら電車&バスとほぼ同額以下でかつ速い

・1人でも約15リンギ(約400円高いだけ)

 

 

SPONSORED LINK

ブルーモスク&ピンクモスク1日観光の予習

 

そもそもこの二つについて「え?モスクって何よ」って方のために軽ーく説明をさせてもらいます。

*もう知っている方は次の項目まで飛ばしちゃってください。

 

モスクとはイスラム教がお祈りをするための礼拝堂の事。

どちらもクアラルンプール市街から1時間以内に行けるので、観光スポットとして外せない場所です。

 

ブルーモスクって?

クアラルンプール市街地から南西の位置にあるブルーモスク。

青く大きなドームと4つの柱がなんともエキゾチックな雰囲気を漂わせています。

 

正式名称はスルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャーモスクとめちゃくちゃ長いのでみんなブルーモスクと呼んでます。

地元の人にも地名である『シャーアラム』と言えばわかってもらえるでしょう。

 

詳しくは下記の記事にまとめてあります。

関連記事

 クアラルンプールの観光名所として有名なブルーモスク。正式な名称は『スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク』。長すぎるのでブルーモスクでいきましょう笑 イスラム教徒の礼拝[…]

 

ピンクモスクって?

ピンクモスクの位置はクアラルンプール以外の南にあって、ちょうどクアラルンプール空港との中間の位置です。

プトラジャヤ」と呼ばれれていて、首相官邸や裁判所などの行政機関が集まるエリアです。

 

モスクの脇には湖があり、夕方などは特に綺麗な写真が取れるスポットです。

ピンクを基調としたモスクで特に女性から大人気です。

近くにはご飯を食べる場所もあるのでゆったり過ごせる観光スポットのひとつです。

 

関連記事

 マレーシア観光でクアラルンプールに訪れたらぜひ立ち寄ってほしいのがピンクモスク。その名前から分かるように旅好き女子に「カワイイ!」と人気のスポットです。そこでこの記事ではこんな疑問に答えようと思います。 […]

 

 

ブルーモスク&ピンクモスク1日観光のおすすめ移動方法

 

ブルーモスク→ピンクモスク、もしくは逆のピンクモスク→ブルーモスクの行き方について、バスや電車を利用した方法はいろんな方が書かれていますね。

しかし結論からいうとタクシー(Grab)がおすすめです。

まず先にどんな方法で回るのが一番いいのかについてお話ししていきます。

 

SPONSORED LINK

クアラルンプール市内から周る場合

クアラルンプール市内から出発してブルーモスクとピンクモスクを周る場合は、このルートと方法がオススメです。

※プトラジャヤ駅からピンクモスクまでは少し距離があるのでタクシーかバスが必要です。

 

【KLを出てKLに帰ってくる場合】

クアラルンプール市内→《バス》→ブルーモスク

ブルーモスク→《タクシー》→ピンクモスク

ピンクモスク→《タクシー》→プトラジャヤ駅→《電車》→クアラルンプール市内

※ピンクモスクから逆周りでもOKです。

 

KL空港とクアラルンプール市街の間に訪れる場合

空港から市内へ向かう途中や、逆に市内から空港へ向かう途中に2つのモスクへ行きたいなんて人もいるでしょう。

その場合はこのルートがオススメ。

 

【空港とKLの間で寄る場合】

クアラルンプール市街→《バス》→ブルーモスク

ブルーモスク→《タクシー》→ピンクモスク

ピンクモスク→《タクシー》→プトラジャヤ駅→《電車》→クアラルンプール空港

※空港スタートの場合は逆周りでもOKです。

 

以上がおすすめルートです。

どちらも結局ブルーモスクとピンクモスクの間はタクシーに乗ってしまった方がコスパがいいというのが結論。

次はその理由を実際の比較でしていきましょう。

 

 

ブルーモスク&ピンクモスク1日観光:タクシーがおすすめな理由

 

実際にブルーモスクとピンクモスクの間で、タクシーを使ってしまった方がコスパがいい理由はなんでしょう?

具体的に比較していきましょう。

 

他の方が書いた記事でよくご紹介されている、ブルーモスクからピンクモスク(逆の場合も)の移動方法はこちらです。

 

どちらが先の場合も一度クアラルンプール市内へ戻って、そこからまたバスや電車に乗って向かうという方法。

地図を見ていただくと何となく効率が悪いし、余計な時間がかかってしまいそうな感じは受け取れますよね?

 

そうじゃなくてみんな気になるのは、やっぱり移動にかかるお金だと思うんです。

「タクシーは高いハズだから」というのが正直な感覚でしょう。

気にしない人はこんな記事を読まずにバシバシタクシーを使っているハズですからね(笑)

 

じゃあ実際に一度市内に戻るのと、タクシーで直行してしまうのではどのくらいの差があるんでしょう。

 

ブルーモスク&ピンクモスク間のタクシーの金額

これがGrab(グラブ)というタクシー配車アプリで調べたピンクモスクからブルーモスクまでの金額です。

44リンギ(約1,200円)

これがタクシー代です。

もしGrabを使用しないとしてもこの金額を基準にして、あまりにも高い金額を言ってくる場合は交渉が必要です。

 

  • 1人: 44リンギ
  • 2人: 22÷2=22リンギ(1人分)
  • 3人: 44÷3=約15リンギ(1人分)

単純に計算するとこうなります。

この金額を覚えておいてくださいね。

次はバスと電車を使った場合を計算してみましょう。

 

ブルーモスク&ピンクモスク間をバスと電車で行く場合

ブルーモスクからピンクモスクまでをバスと電車で行く場合を計算してみましょう。

※逆も同じです。

 

(a)ブルーモスク→パサールセニ駅バスRM3(1人分)
(b)パサールセニ駅→KLセントラル駅電車RM3.2(1人分)
(c)KLセントラル駅→プトラジャヤ駅電車RM14(1人分)
(d)プトラジャヤ駅→ピンクモスクタクシーRM10(全員で)

※2020年4月現在

 

ここで重要なのはみなさんもご存知の通り、タクシーなら人数分で料金を割れるけどバスや電車は1人分の運賃という点です。

 

1人の場合

1人の場合はいくらでしょう。

単純に全て足すだけですね。

(a)+(b)+(c)+(d)=30.2リンギ

 

タクシーを使う場合は44リンギだったので差額は約14リンギ(約400円)です

この差額を高いかどうかと感じるのは人それぞれですので、この金額を踏まえた上でどちらかを選べばいいと思います。

では2人の場合はどうでしょう。

 

2人の場合

2人で観光した場合の運賃を計算してみましょう。

(a)+(b)+(c)+(d)÷2=25.2リンギ

※(d)のタクシー代は2人で割れる。

 

さっきのタクシーだけで移動した場合と比較してみましょう。

25.2ー22=3.2リンギ(約90円)

これがふたりの場合の差額です。

 

さすがに90円を高いという人はいないのでは・・・。

このまま人数を増やしていくと3人からはバスや電車を使うよりもタクシーだけで移動した方が安い計算になるのです。

 

 

まとめ:ブルーモスク&ピンクモスク1日観光は2人以上ならタクシー

 

ということで今回調べた結果は最初にお話しした通りで、金額差と時間の速さで考えるとタクシーの方がオススメというのが個人的な意見です。

こちらに内容をまとめます。

 

・1人でタクシーを使っても差額はRM15(約400円)

・2人なら1人分の金額はほぼ同じ

・3人ならタクシーの方が安い

 →個人的にはどの場合もタクシーがオススメ!

 

たくさんの方がこの計算をしないでバスと電車に乗ってしまっているようです。

しかもその間の移動は3時間くらいかかるのでは・・・。

マレーシアに住んでいる人ならいいですが、観光で来ている人は金額と同じくらい限られた時間をどう使うかが重要だと思います。

 

この記事を見てさらに濃いマレーシア観光ができるように応援しています!

 

【あわせて読みたい】

人気記事【失敗談あり】行き方より大事?バトゥ洞窟ツアーの基礎知識まとめ

人気記事写真はどこから?噴水は?ツインタワー撮影おすすめスポット3選

人気記事経由時も!マレーシア入国で知っておくべき3つの注意事項

 

SPONSORED LINK
Twitterはこちら