タクシー問題!変な所に降ろされて徒歩4km!:初海外一人旅

 

さぁそろそろGoogle本社を後にして帰ろう。

 

日本国内だろうと、海外だろうとどこでも同じだけど

ドライブよくする人はわかるはず。

 

見知らぬ土地で

市街→郊外へ行くより

郊外→市街へ行く方が格段に難易度は低いんです。

 

市街へ向かおうとする時、標識や案内が逆の時とは比べ物にならないほど多いからね。

だから帰りはタクシーは使わず交通機関使いまーーーす。

 

が、しかし。

バスの運転手に停留所をスマホで見せたのにも関わらず・・・

全然違うとこ降ろされた!!!ww

 

何?これ。

トラップですか?

 

まぁいいや。

この時オレはなぜか旅の疲れも知らず体力全開だったので駅まで約4km歩いてやった。

 

でもこれがまたラッキー。

途中で本場の2×4の住宅建築現場が見れた!!!

 

本当にラッキー♪

 

作業している方に不審なまなざしを贈られながら、

まじまじと30分くらい見ちゃいました。

 

勉強になるわーーー。

まさかこんな郊外で建築の勉強ができるとは!

テンションもさらに上がったので駅までまた歩きまーす。

 

やっとこさ着きました。

San Antonio駅

 

実はね。。。

 

こっからカルトレインに乗ってサンフランシスコ市街まで一本で行けるんですww

だからね、市街からGoogle本社に行きたい場合は

サンフランシスコのカルトレイン駅からサンアントニオ駅まで行く。

そしたらそこからバス一本でGoogle本社の前まで行けますww

 

もしくはサンアントニオまで行ってしまえばタクシー使ってもそんなにお金かからないしね。

サンフランシスコのカルトレイン駅も主要部から少し離れているけど、歩けない距離じゃないしね。

Google本社に行きたい方は参考にして下さい。

 

では話は戻りまして。

サンフランシスコ駅に着いた時、まだ時間は14時くらい。

 

まだまだ遊べますね。

一度ホテルに戻ってまた市内散策を開始。

この時の体力は本当に無限だった・・・

 

こんな看板を発見。

Sapporo!

ビールの事かなー。

 

無駄にケーブルカー乗ったり、お土産を調達したり、

隣り合わせた日本人と絡んだり、普通にスーパーで食べ物を買って食べたり、

ドラッグストアーに行ったり・・・

 

少しは現地の人の日常に近い事は出来たんじゃないかな。

そうして最後の日は終了です。

 

この日寝れば次の日は日本へ帰る日・・・

「一週間外国にいると最後の方でだんだん言葉もわかってくるから

もう少し居たい気持ちが押し寄せる」

 

そんな言葉を実感しながらもっともテンションの低い夜を過ごし眠りにつきましたとさ。

あー帰りたくねぇっ!

 

後ろ髪を引かれながらサンフランシスコを後にしたのでした。

 

SPONSORED LINK
Twitterはこちら